カラコンの特徴は感覚で理解するにも15mmはあり

波長が合うカラコン15mmを無意識に選択

気づいたら選んでたカラコンがいくつかあります。たぶん感覚で買ってたんでしょうね。今日はモテコンのこと。前に書いてた記事なのですでに古くなっている可能性がありますので、何の参考にもいならないと思うけど、書きたくなったので。
カラバリからみていきましょう。
新色「ピンクシークレット」が登場した段階で5色展開ですね。
うるモテシリーズとして「モカブラウン」「ピンクショコラ」。
きらモテシリーズとして「ハニー」「オーシャングレー」。
そしてモテキュンシリーズとして「ピンクシークレット」ですね。
まさにモテることを考えたカラコンという感じです。
レンズ直径は14.0mm、着色直径13.0mmなので、どれも大きすぎて違和感があるとか浮くというのはないかな。
着色直径の数値はブログに載ってたので間違いないと思います。
ベースカーブ8.7mmというのは標準的かな。含水率38.5%というのはいわゆる低含水率というのに入るんでしょうね。
1箱1枚入ってて、2枚入りで4,200円で売ってます。
度数の幅も広くて-10.00まであるので、恐らくかなり目が悪くても大丈夫そうですね。
カラーごとの印象を書いておきますが、あくまで個人的な感想ですので、それおかしいよってのがあっても気にしないで下さい。
5色あるけど、「モカブラウン」「ハニー」はブラウン系、「ピンクショコラ」「ピンクシークレット」はピンク系、あとは「オーシャングレー」です。
こうやってみると、面白いラインアップだなって思いました。だってブラウン系、ピンク系がそれぞれ2色入ってるんですもの。
そのあたりのこだわりも好きです。

ナチュラル、甘め、かっこかわいい、ハーフ系、ドーリーeyeと、自分がなりたいのに近いのが見つかりそうですね。
装着画像のイメージはこんな感じですが、あくまでイメージですので、実際の色味と異なる可能性もありますので、参考にということで。

 

2016年に入り、寒さが厳しくなってきて、雪もすごいけど、こういう季節だからこそオシャレを楽しみたいと思ってるんだ。たまにはドンキにでもいってこようかな。